賃貸借契約には住居として借りるケース、店舗として借りるケースなど様々あります。
契約を結ぶ際、十分に注意する必要があります。
借りた物件を増改築する場合は特に、契約内容を確認しましょう。

賃貸借契約におきまして建物を借りた場合、
貸主の許可を得ずに改築・増築することは禁止されている事がほとんどです。

契約書に改増築禁止事項がないとしても、所有権侵害にあたります。
また、無断で勝手にしてしまうと契約解除されてしまうことがあります。

改増築してしまったことが発覚した場合、
もとに戻すための費用を請求されることもあります。

契約書には家賃の期日や支払方法が記載されています。
期日を過ぎたり、契約にそった方法で支払わなかった場合、
契約違反として解除される事もあります。
契約を結んだ後、契約通りに支払いをしていけるか考慮する必要もあります。

まずは、きちんと契約書を確認する必要があります。
貸主に許可を得ましょう。

ゼロゼロ物件とは、敷金、礼金を支払う必要のない物件のことです。

通常、賃貸借契約を結ぶ場合、敷金や礼金を貸主に支払う必要があります。
敷金とは物件を借りている間に特に問題が無ければ返還される、デポジットということです。
借主と貸主の話し合い、決められます。
礼金は、後で返還されることのない、借主に対する贈与金のことです。

こうした費用を支払う必要のないゼロゼロ物件は、
敷金、礼金ということではなく、入会金、保証金などという名目の費用を支払う必要があります。

このゼロゼロ物件は近年増加傾向にあります。

初期費用が安いので、低所得者に人気です。
しかし、家賃滞納をしてしまった時の対応が厳しいようです。
追い出し屋を使い強制的に撤去させる悪質な場合もあります。

契約書には敷金、礼金についてや、
家賃滞納してしまった場合どういった対応がなされるかについても記載されています。
契約内容をよく確認しましょう。

契約をする前に、内容を十分に確認しましょう。
賃貸借契約の場合、宅地建物取引主任者は借主に契約内容を説明します。

宅地建物取引業務法35条に基づき、内容の書面を交付します。
借主に対し、契約内容を説明することでトラブルを防ぎます。

以下の点が記載されているかどうかを確認します。

・物件の住所、種類、名称、面積、交通概要

・貸主の住所、氏名

・登記簿
抵当権などが記載されています。

・用途制限・使用制限
楽器の使用、ペットの可否

・家賃の金額、支払い方法など
家賃、敷金、礼金、管理費、更新料などの記載

署名、捺印をする前に内容を十分にチェックしましょう。
不安な点がある場合は、不動産屋や貸手に聞きましょう。
弁護士や行政書士などに書類のチェックを依頼する事もで来ます。

家賃滞納を含め、賃貸借契約における違反は
借手のモラルや常識が原因だと考えられています。

特に契約を結ぶ際、借手となる人に本当に
家賃を支払っていく能力があるかどうかを判断することが必要となります。

不動産屋を通して借手を探す方がほとんどですが、
数多くの賃貸借の案件を知っている不動産屋のアドバイスを良く聞きましょう。
通常、収入の三分の一以下の物件に住まうのが適当とされています。
署名、捺印する前に契約内容を良く確認しましょう。

契約を結んだ後は基本的に借手と貸手で契約を履行します。
ですから、不動産屋に全てを任せきりにすることは出来ません。
トラブルが発生しても、自分たちで解決する事が必要です。

もし、家賃滞納が続く場合は専門家に相談する事が出来ます。
弁護士や行政書士などは、賃貸借に関係するトラブルを解決するエキスパートです。

ウェブサイトでトラブル解決方法や、
必要となる書類の書式などが紹介されています。
参考にしてみましょう。

賃貸マンションを経営するオーナーの方は、
借手に支払い能力があるかどうかをきちんと確認してから
契約を結ぶことが大切です。

不動産屋を通して借手を見つけたから、
トラブルがあっても何とかしてくれるという考えは危険です。

不動産屋は借手を探すことはしてくれますが、
賃貸借契約を結んだ後は借手と貸手で契約を履行します。
ですから、自分の目できちんと契約しても良いかどうかを
決める必要があります。

連帯保証人がいると言っても、家賃滞納は起こりえます。
契約を結ぶ時に、連帯保証人に会うことは少ないです。
ですから、連帯保証人が記載されていても、
素性について知る事は難しいのです。

もし、賃貸マンションを経営する方で、
催促してもなかなか家賃を支払ってもらえない、
トラブルにお悩みの方は専門家に相談することをおすすめします。

家賃滞納により負債が増え、生活保護になる方がいます。
また、生活保護を受けている人が家賃滞納をしてしまうこともあります。

貸手としてはどのように対応できるでしょうか?
生活保護受給者が家賃を滞納する場合の手続きをご紹介します。

賃貸借契約書や振込先の通帳のコピーを用意します。
事前に連絡をし、管轄福祉事務所の担当者に説明します。

状況により代理納付が可能なこともあります。
その場合、申請書がもらえます。

申請が受理されますと、翌月以降から家賃のみ振り込まれます。

市町村により、代理納付が受け付けられないこともあります。
管理費や更新料などは振り込まれません。
突然代理納付が解除されることもあるようです。

トラブルを未然に防ぐという意味でも、家賃を滞納しないことが大切です。
債務を整理する場合、弁護士などに相談しますと
一番良い解決方法を知る事が出来ます。

マンションを経営するには様々な経費が必要です。

借主にとってはなかなか知りえない金額なのですが、
マンションを管理するのには、ある程度のコストが必要なのです。

マンションを管理するのに、管理会社に委託するケースがあります。
管理会社はマンションの修繕や清掃などのサービスを行います。

中には、管理について見直さないというオーナーの方もいます。
管理委託費以外の配管清掃や、植え込みの手入れなどを見直し、
経費を節約することが可能な場合もあります。
更新の際には、ぜひ契約を見直しましょう。

また、管理組合を結成するという方法があります。
組合を結成しますと、管理会社に委託しなくても良くなります。
組合には総会、役員、管理規約が必要です。
法律に関する知識も必要となります。

実際には、管理に手間と時間がかかることから、
多くの方は委託する方法を選ぶようです。

マンションの管理には、手間と費用がかかります。
家賃滞納などがあり、収入が見込めませんと
オーナーの方は管理費を捻出するために負債を抱えることもあります。
こうした現実も踏まえて、借り手の方は家賃を滞納しないようにしましょう。

賃貸借契約を結んだ後、災害が発生し修理などが必要となった場合
どのように家賃や修理費を支払うべきなのでしょうか。

家屋が大破し、部屋に住む事が出来ない状態ですと
家賃を支払う義務はないと言われています。

敷金から支払いを何パーセントか請求されることもあります。
契約書をよく確認した上で、交渉してみましょう。

独自の判断で行動しますと、状況が悪化する事があります。
貸主と話して解決するのが一番ですが、
トラブルがある場合は不動産屋に相談してみるのがいいでしょう。

話がこじれてしまう場合は、
法律の専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
ホームページなどで、質疑応答の形で家賃や契約に関わる問題を
取り上げている事務所もあります。

無料相談などを行っているところもありますので、利用しましょう。

借主が亡くなった場合は、連帯保証人がその賃貸借契約を処理します。

借主が亡くなりますと、
当然住む人がいなくなりますので契約を解除します。
退去と同じ様な手続きをします。
軽微な傷や汚れは負担する必要はありません。

しかし、リフォームが必要な程家が傷んでいますと、
請求される場合があります。
敷金から差し引かれますが、敷金以上に経費がかかった場合、
その分を保証人が負担しなければなりません。

また、契約に違反する行為をしていた場合、
(例えばペット禁止なのにペットを飼っていた)
その分の修繕費などを請求されることがあります。

身内の連帯保証人になる時も、
契約書をよく確認する必要があります。

トラブルが大きくなる前に、不動産屋に相談しましょう。
法律の専門家弁護士に相談する事も出来ます。

違約金とは、賃貸借契約をする際に条件に違反する行為が行われた場合、
その対応に必要な経費のことです。

どのような場合に違約金を請求されてしまうのでしょうか。
軽微な傷や汚れは違約金を支払う対象にはなりません。
しかし、リフォームや修繕が必要なほど家屋が傷ついた場合や、
汚れがひどい場合は修繕費用などを請求されることがあります。

さらに、ペット禁止と賃貸借契約書に記載されているのに、
ペットを飼育しそれが発覚した場合、
クリーニング代などを請求されることもあります。

退去する際にトラブルがありますと、
違約金は請求されずとも敷金から差し引かれることがあります。
トラブルが発生した期間の家賃を負担しなければならないこともありますので、
契約書をよく確認しておきましょう。

家賃の違約金は年利14.6パーセントを越えてはいけないと定められています。
それ以上請求された場合は支払う必要はありませんし、
もし支払ってしまっても返還してもらうよう請求出来ます。