賃貸借契約についての借主の死亡

借主が亡くなった場合は、連帯保証人がその賃貸借契約を処理します。

借主が亡くなりますと、
当然住む人がいなくなりますので契約を解除します。
退去と同じ様な手続きをします。
軽微な傷や汚れは負担する必要はありません。

しかし、リフォームが必要な程家が傷んでいますと、
請求される場合があります。
敷金から差し引かれますが、敷金以上に経費がかかった場合、
その分を保証人が負担しなければなりません。

また、契約に違反する行為をしていた場合、
(例えばペット禁止なのにペットを飼っていた)
その分の修繕費などを請求されることがあります。

身内の連帯保証人になる時も、
契約書をよく確認する必要があります。

トラブルが大きくなる前に、不動産屋に相談しましょう。
法律の専門家弁護士に相談する事も出来ます。

0

Answers





登録、ログインして回答をお願いします