生活保護者の家賃滞納

家賃滞納により負債が増え、生活保護になる方がいます。
また、生活保護を受けている人が家賃滞納をしてしまうこともあります。

貸手としてはどのように対応できるでしょうか?
生活保護受給者が家賃を滞納する場合の手続きをご紹介します。

賃貸借契約書や振込先の通帳のコピーを用意します。
事前に連絡をし、管轄福祉事務所の担当者に説明します。

状況により代理納付が可能なこともあります。
その場合、申請書がもらえます。

申請が受理されますと、翌月以降から家賃のみ振り込まれます。

市町村により、代理納付が受け付けられないこともあります。
管理費や更新料などは振り込まれません。
突然代理納付が解除されることもあるようです。

トラブルを未然に防ぐという意味でも、家賃を滞納しないことが大切です。
債務を整理する場合、弁護士などに相談しますと
一番良い解決方法を知る事が出来ます。

0

Answers





登録、ログインして回答をお願いします