不動産会社と家賃滞納

家賃滞納を含め、賃貸借契約における違反は
借手のモラルや常識が原因だと考えられています。

特に契約を結ぶ際、借手となる人に本当に
家賃を支払っていく能力があるかどうかを判断することが必要となります。

不動産屋を通して借手を探す方がほとんどですが、
数多くの賃貸借の案件を知っている不動産屋のアドバイスを良く聞きましょう。
通常、収入の三分の一以下の物件に住まうのが適当とされています。
署名、捺印する前に契約内容を良く確認しましょう。

契約を結んだ後は基本的に借手と貸手で契約を履行します。
ですから、不動産屋に全てを任せきりにすることは出来ません。
トラブルが発生しても、自分たちで解決する事が必要です。

もし、家賃滞納が続く場合は専門家に相談する事が出来ます。
弁護士や行政書士などは、賃貸借に関係するトラブルを解決するエキスパートです。

ウェブサイトでトラブル解決方法や、
必要となる書類の書式などが紹介されています。
参考にしてみましょう。

0

Answers





登録、ログインして回答をお願いします