【家賃滞納】重要事項の確認

契約をする前に、内容を十分に確認しましょう。
賃貸借契約の場合、宅地建物取引主任者は借主に契約内容を説明します。

宅地建物取引業務法35条に基づき、内容の書面を交付します。
借主に対し、契約内容を説明することでトラブルを防ぎます。

以下の点が記載されているかどうかを確認します。

・物件の住所、種類、名称、面積、交通概要

・貸主の住所、氏名

・登記簿
抵当権などが記載されています。

・用途制限・使用制限
楽器の使用、ペットの可否

・家賃の金額、支払い方法など
家賃、敷金、礼金、管理費、更新料などの記載

署名、捺印をする前に内容を十分にチェックしましょう。
不安な点がある場合は、不動産屋や貸手に聞きましょう。
弁護士や行政書士などに書類のチェックを依頼する事もで来ます。

0

Answers





登録、ログインして回答をお願いします