賃貸借契約について

賃貸借契約には住居として借りるケース、店舗として借りるケースなど様々あります。
契約を結ぶ際、十分に注意する必要があります。
借りた物件を増改築する場合は特に、契約内容を確認しましょう。

賃貸借契約におきまして建物を借りた場合、
貸主の許可を得ずに改築・増築することは禁止されている事がほとんどです。

契約書に改増築禁止事項がないとしても、所有権侵害にあたります。
また、無断で勝手にしてしまうと契約解除されてしまうことがあります。

改増築してしまったことが発覚した場合、
もとに戻すための費用を請求されることもあります。

契約書には家賃の期日や支払方法が記載されています。
期日を過ぎたり、契約にそった方法で支払わなかった場合、
契約違反として解除される事もあります。
契約を結んだ後、契約通りに支払いをしていけるか考慮する必要もあります。

まずは、きちんと契約書を確認する必要があります。
貸主に許可を得ましょう。

0

Answers





登録、ログインして回答をお願いします